JAL エアライン

初のJGC(JAL)修行へ 2014年3月 JGC(JAL)修行1回目 福岡~羽田(往路)*1

更新日:

福岡空港

航空会社の知識がほぼないに等しい私が「仕事の都合」でJALの「JALグローバルクラブ(JGC)」とANAの「ANAスーパーフライヤーズ(SFC)」のステータスを取得して、そのマークのついたクレジットカードを取得、かつ両社(JALとANA)の会員ステータスを最高位まで育てていき、両社の違いを航空音痴の私が把握することとなりました。

また、その航空ステータスを取得する過程で宿泊する高級ホテル等にも会員ステータスがあるのでそちらも平行してレポートしていこうと思っています。

ちなみに普段の仕事の都合で航空会社を利用するわけでもなく自らの意思で航空会社を利用していき、その航空会社の上級会員になることを「修行」と呼ぶんですね、最近知りました。

「JAL修行」や「ANA修行」で検索をすると既に様々なブログで先輩方(修行僧)が頑張っておられました。

そもそも「仕事の都合」の都合でJALやANAのステータスを取るなら海外路線でビジネスクラスでも何回か乗ればすぐに取れるじゃないかと思われると思うのですが、仕事の都合とは言っても本職の都合ではなく「仕事(副業)の都合」なので海外にはいけません。

取り敢えず私のJGC・SFC修行の条件をまとめると以下のような感じです。

1、海外にはいけません、国内線のみで行うこと(今の所)

2、本職の時間の隙間を使って基本的に平日にいくこと(家庭があるので土日は駄目)

3、なるべくその航空会社の上位クラスに乗りそのサービスをよく理解すること(JALはファーストクラス、ANAはプレミアムクラスをなるべく利用)

4、修行の過程で宿泊するホテルはなるべく普段利用しないような高めのホテルを使うこと(ヒルトン・ハイアット等)

というようなハードな修行日程を普段こなされている先輩方からすると「ヌルい」の一言で怒られそうですが、本業もある中これが私なりの精一杯です。

何事も順番に済ませないと収まりがつかない性格の私はまずJALのダイヤモンド会員を目指し、その次にANAのダイヤモンド会員を目指すので、今年の前半はJALのレポートで後半はANAのレポートになると思います。

また、そもそもの話なのですが、現段階で私は福岡を起点にしたステータス修行をしてる方のサイトを発見できてません。

ですから福岡に住んでるような田舎者の私は「福岡空港を起点として効率のよい航路や日程」というものを現段階で全く分かっていません。

とにかく「遠くへ飛べばなんとかなる」くらいです。

修行されてる方のサイトを見ると関東在住の方が多く、羽田線を起点にして羽田-那覇-羽田-シンガポールというような修行をされてる方が多く見られますが、その航路や日程は真似できません。

ということで、あまり航空機の事を知らない私は、まず第一回目のJAL修行ということで私は「羽田-福岡」の往復から始めてみました。

普通「航空会社のステータス修行」と言えば、羽田-福岡に最低でも那覇もつけた行程を指すのだと思うのですが、普段から航空機を利用した事のない私にとっては羽田に行くだけでもかなりの遠出なんです。

【福岡空港JALカウンター】

福岡空港JALカウンター

それでは修行を開始する為にWEBから「羽田-福岡」の往復をファーストクラスで予約して福岡空港に来ました。

普段は上記のような一般のカウンターで手続きするのですが、そもそも「航空会社のステータス会員」なるものを知らなかった私はこの横にある「JGCカウンター」や「ファーストクラスカウンター」というものを意識してなかったので今回初めてその存在に気づきました。

混雑している一般カウンターを尻目に下記のファーストクラスカウンターでチェックインです。

【福岡空港JAL国内ファーストクラスカウンター】

福岡空港国内ファーストクラスカウンター

この時点でやっと分かったのですが、この横にある専用保安検査レーンはJALのダイヤモンド会員・プレミア会員・国内ファーストクラス利用者が利用できるんですね。

そんなことすら知らない私はそのまま下記の専用保安室に向かいチェックを受けたのですが、扉を開けるとそんなに広くない少し暗い部屋に数人の保安検査員がこちらにむかって仁王立ちしているので少しビックリです。

福岡空港 JAL専用保安検査室

保安検査室を抜けると「サクララウンジ」がありました。

福岡空港サクララウンジ

噂には聞いてましたがステータス会員専用のラウンジではビールやらソフトドリンク等が飲み放題なんですね。

DSC00026

DSC00027

DSC00028

本日乗る「JALファーストクラス」なるものが食事付きだと分かっていたのでラウンジでの飲食はコーラのみとしました。

本日乗る機材は「ボーイング777-200」とは言ってもJALの国内ファーストの設定があるのはこの機種のみなんですね(詳しくないんで多分・・)

DSC00029

 

午前中の便だったのですが満席の為、機内でパシャパシャとカメラで撮るわけにもいかないので席は写せませんでしたが、白い革張りの綺麗なシート。

基本的に航空機と言えばLCCしか乗って来なかったんでビックリしたのですが、CAさん達は奥にある端末でこのシートに座ってるお客の名前やステータスを把握してるんですね、名前を呼ばれてビックリです。

LCCに乗ってるとお客は「貨物」扱いなことが多々あるのですが、なるほどレガシーはこんな所から全然違うんですね、CAさんの接客態度が全く違います。

そうこうしてるうちに羽田へと離陸してしばらくすると、CÀさんが一人一人にヒアリングを行った上で機内食を配り始めました。

本日のメニューは以下の通りです。

JALファーストクラス 機内食メニュー

JAL国内ファーストクラス ドリンクメニュー.

下記の写真が上記のメニューに基づいた実際の食事です。

DSC00031

JALでは食事の時に陶器製の器やグラスを出してくるんですね、後から分かった事なのですが、ANAのプレミアムクラスでは陶器製の器やガラスのグラスは出てこないから貴重です。

DSC00032

また、デザートもついています。

DSC00033

DSC00036DSC00037

また、注文すれば以下のようなインスタント食品も用意してくれます。

今回は「うとんでうかい」

ちなみに「らーめんですかい」と「うどんですかい」の2種類あります

DSC00034

 

 

 

 

 

 

 

 

 

としてる間に福岡空港から羽田空港までは1時間30分でついてしまいますので、機内食を堪能していればあっという間に到着です。

到着の写真を思わず忘れてしまいましたが、無事羽田に到着しました。

これで今回のJAL修行の往路は無事終わりでホテル(ヒルトン東京)に向かいます。

お疲れ様でした。

-JAL, エアライン
-,

Copyright© Mileage & Hotel Life , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.